フォトショップでデータを作成する場合

フォトショップでデータを作成する場合のチェック事項になります。

フォトショップのデータは、データを作った後にサイズや解像度の変更を行うと、画質を大きく損なう可能性があるため最初の設定が肝心です。初期の画面設定を間違わないようお気を付けください。

データに問題がある場合の原因で非常に多いものは以下のようなものです。

  • 塗り足しが無い、または正しいサイズで塗り足しがされていない。
  • 実寸解像度が100dpi未満になっている。
    ※必ず印刷の実寸サイズで150dpi~200dpiに設定してください。
  • レイヤーが統合されていない。

データに異常がある場合には再入稿をお願いすることになり、納期の遅れに繋がりますので、下記項目を必ずチェックしていただきますようお願いいたします。

OSについて

  • Windows/Macのどちらで作成しても構いません。
  • 旧Mac(Mac OS)で作成する場合はファイルに拡張子(.psd、.jpg等)を必ず付けてください。

新規画面設定について

新規画面設定で下記の説明に沿って各項目を設定してください。

 

下図はA0縦サイズ(幅841mm×高さ1189mm)で「丸型吊り下げパーツ」を使用してタペストリーを作成する場合の設定例です。実際には以下の説明に沿って、ご希望の印刷サイズに合わせて設定をします。

フォトショップ新規画面
  • 高さには実際の印刷サイズ+塗り足しのサイズを入力します。
    塗り足しサイズは、ご希望の商品サイズに合わせて下記の通り設定してください。

塗り足しサイズ

 

 ■タペストリー印刷で丸型パーツをご希望の場合
幅:+6mm 高さ:+40mm


■タペストリー印刷で平型パーツをご希望の場合
幅:+6mm 高さ:+10mm


  ■ポスター印刷の場合
幅、高さ共に: +6mm

 

  • 解像度:150~200dpiに設定してください。
  • カラーモード:CMYKRGBのどちらでも出力が可能です。
  • カラープロファイル:
    RGBの場合は「sRGB」もしくは「adobeRGB
    CMYKの場合は「Japan Color 2001 Coated」に設定してください。

塗り足しの必要性と裁ち落とし・パーツ取り付けについて

【重要】

前項目の塗り足しの設定で+6mm~40mm追加した部分は仕上げ段階でカットされるか、吊下げパーツ内に入り見えなくなります。この範囲に切れてはいけないもの(文字など)を配置しないでください。

 ※デザイン的に意図的にカットするものは配置していただいて構いません。 

■このような塗り足しはバツです!

 

デザインの外周に、デザイン部分と繋がりの無いベタ塗りで塗り足しが作られている例がございます。

 

塗り足しは必ずデザインの延長(背景の延長)で作っていただく必要があります。

悪い塗り足し

タペストリーの吊り下げパーツの取り付けについて

吊り下げパーツを取り付ける際に、パーツと印刷面の隙間から印刷されていない余白部分が見えないようにするため、塗り足し部分をパーツの中に巻き込ませて固定をします。(右画像参照)

 

この部分を考慮せずに印刷サイズちょうどでデータを作ってしまうと、仕上がりサイズが小さくなってしまったり、見えていなければいけない部分が隠れてしまったりします。

 

このため、必ず上記事項に沿って塗り足し部分を作っていただきますようお願いいたします。

丸型パーツの取り付け

ポスター印刷の裁ち落としについて

印刷されたポスターを仕上げ裁断する際に、フチに余白が出ないようにするため、右図のように塗り足し部分をカットします。

 

塗り足しが作られて無く、印刷サイズぴったりにデータを作ってしまうと、その状態からフチを裁断をするため、実際の仕上がりサイズはご希望の印刷サイズよりも小さくなり、また、フチに近い部分にある文字や写真などが切れてしまう場合があります。

 

このため、必ず上記事項に沿って塗り足し部分を作っていただきますようお願いいたします。

塗り足しは裁断されます

レイヤーの統合

レイヤーを使用している場合には全てのレイヤーを統合し、背景のみ、または1つのレイヤーのみの状態になるよう、レイヤーを統合してください。

■良い例

レイヤーが統合されている。

レイヤーが統合されている

■悪い例

レイヤーが残っている。

レイヤーが統合されていない

保存形式と入稿について

  • ファイル形式はフォトショップ形式(psd)で保存したものをご入稿ください。
  • 旧Mac(Mac OS)の場合は必ず拡張子を付けてください。
印刷料金が知りたい、仕様が知りたい、注文がしたい
印刷データ入稿はこちらから