オフィスデータのPDF変換

ワード、エクセル、パワーポイントなどのオフィスソフトを使って作成されたデータは

そのままではご入稿を受け付けられません。

これらのデータは「PDF形式」に変換してご入稿くださいませ。

 

オフィス2007以降のバージョンをお使いの場合は、別途変換ソフトなどをご用意いただかなくとも、下記の方法でPDF形式のデータを書き出していただくことが出来ます。

但し、オフィス2007の場合は環境によりマイクロソフトのサイトからアドオンをインストールする必要がある場合があります。お使いのパソコンで下記の説明のように操作が出来ない場合は、本ページ最下部の「オフィス2007でPDF選択の項目が無い場合」をご参照ください。

オフィスソフトからのPDF形式のデータ書き出し

ワード、エクセル、パワーポイントなどで作成したデータが完成しているものとします。

下記説明はパワーポイントの画面を使用しておりますが、ワード、エクセル等でも操作方法は同じです。

 

  1. 完成したデータを開きます。
  2. 改めて「名前を付けて保存」の操作をします。
    オフィスのバージョンにより「名前を付けて保存」の操作画面は若干異なりますが、普段保存を行っている方法と同じ方法で行ってください。
  3. 「名前を付けて保存」の画面で、「ファイルの種類」の欄の右側にある印をクリックして、プルダウンメニューより「PDF」を選択します。

4. ファイル名は元の名前と同じ名前でも構いませんが、既に同じ名前のPDFファイルが保存されている場合は、ご自身で入稿用ファイルだと分かるものを付けてください。

 

5. PDF品質は「標準」を選択します。「最小サイズ」や「WEB発行用」等のオプションがある場合、必ず「標準」が選択されていることを確認してください。

 

6. 設定を確認し「保存」をクリックします。

PDFファイルの確認

上記のようにして保存をしたPDFファイルは、そのまま印刷データとなります。

このためご入稿前にお客様のパソコンで開いていただき、正しく変換が行われているか

必ずご確認ください。

細かい部分は拡大をしてご確認をお願いいたします。

 

【!】PDFファイルが開けない場合は、お使いのパソコンに無償のAdobe Readerをインストールしていただく必要があります。

 

意図された通りに変換が行われていない箇所がある場合は、元データに変換の限界を超えた部分がある場合が多いため、今一度元データの該当箇所をご確認ください。

 

  • 図形や写真のレイアウトが複雑すぎる
  • 幅に余裕のないテキストボックスがある
  • 解像度が高すぎる画像が多数使われている など。

 

オフィス2007でPDF選択の項目が無い場合

オフィス2007をお使いの場合、上記手順の「3」で、ファイルの種類の一覧に「PDF」が無い場合があります。この場合は、お使いのパソコンに「Microsoft PDF/XPS 保存アドイン」を入れていただくことで、ファイルの種類にPDFの項目を追加することが出来ます。

 

「Microsoft PDF/XPS 保存アドイン」については、下記のリンク先をご参照ください。

Microsoft PDF/XPS 保存アドインのインストール

リンク先の案内に沿ってインストールを行った後、本ページのPDF書き出しの手順を行ってください。

印刷料金が知りたい、仕様が知りたい、注文がしたい
印刷データ入稿はこちらから