デジカメ写真などの画像データを入稿する場合

デジタル画像の入稿

デジタル画像をデータとして入稿する場合は、以下の項目のチェックをお願いいたします。

 

 【重要】

本ページの「画像の縦横比について」の項目は必ずお読みいただき、ご理解の上ご注文いただきますようお願いいたします。

 

解像度について

画像解像度を理解されているお客様

印刷実寸で150dpi~200dpiの画像をご用意ください。 「印刷実寸で」という部分が重要です。

画像解像度がよく分からないお客様

下記の方法でご入稿いただく画像の「画素」をご確認ください。

 

ご希望の印刷サイズにもよりますが、データとしてお使いいただく画像の画素は、最低でも300万画素以上必要です。300万画素未満の画像でも印刷することは可能ですが、印刷サイズによっては印刷結果がぼやけたり、全体的にモザイクのようにギザギザして見える可能性が高くなります。

■ウィンドウズの場合

1.画素を確認したいファイルを右クリックし、メニューからプロパティをクリックします。


2.プロパティ画面で[詳細]タブをクリックします。


詳細項目から「幅」と「高さ」の数値(ピクセル)を確認し、「幅」×「高さ」を計算します。

 

この例の場合は「1600×1200=1,920,000」となり、この画像は192万(約200万)画素の画像ということになります。

300万画素以下なので、印刷には適していないことになります。

 

計算結果が300万以上の場合、数字が大きければ大きいほど綺麗に印刷出来ますので、多い分には問題ありません。


■Macの場合

確認したい画像ファイルを選択し、[ファイル]→[情報を見る]と開き「大きさ」の部分を確認して、上記のウィンドウズの場合と同じように掛け算をします。

★重要★ 画像の縦横比について

デジカメ写真の縦横比率と、規格用紙の縦横比率は異なります。このため、

無加工のデジカメ写真を「A1」や「B1」などの規格サイズにぴったり印刷することは出来ません。

 

右の画像は一般的な設定のデジカメで撮影した場合の画像です。

 

縦横の比率は「4:3」であることが多いです。

一般的な設定のデジカメ写真

ワイド設定で撮影されたデジカメ写真です。

 

縦横の比率は「16:9」であることが多いです。

ワイド設定のデジカメ写真

こちらは「A1」や「B1」などの「規格サイズ」の用紙の比率です。

 

A規格、B規格の用紙は大きさは違っても縦横の比率は同じです。

これらの比率は「1:1.41」となり上記のいずれのデジカメ写真とも異なります。

 

このため、デジカメで撮影した写真を規格サイズの印刷用データとしてそのままご入稿いただくと、ぴったり規格サイズに印刷することは出来ません。


例として「A1」サイズをご注文いただく場合

一般的な設定のデジカメ写真の場合

一般的なデジカメ写真を、A1の枠内に収めるためには写真の短辺をA1に合わせますので、仕上がりサイズはA1よりも小さくなります。

 

左の場合、写真の幅をA1サイズに合わせますと写真の上下が枠からはみ出るため、写真の一部を切り落とさなければならず、上だけを切り落とすのか、下だけを切り落とすのか、または上下均等に切り落とすのか、などの判断がつかないため、あらかじめお客様にて印刷サイズに合わせてサイズ加工をしていただいた画像をご入稿いただくことになります。


ワイド設定の画像の場合

ワイド設定の写真の場合には、A1の枠内に収めるためには写真の幅をA1に合わせますので、仕上がりサイズはA1サイズよりも小さくなります。

 

左の場合、写真の高さをA1サイズに合わせますと写真の左右が枠からはみ出るため、写真の一部を切り落とさなければならず、右だけを切り落とすのか、左だけを切り落とすのか、または左右均等に切り落とすのか、などの判断がつかないため、あらかじめお客様にて印刷サイズに合わせてサイズ加工をしていただいた画像をご入稿いただくことになります。


比率が合っていない場合のトラブルの可能性

  • 印刷されたものが思っていたよりも「小さい」と感じること。
    特ににワイド写真の場合には高さが短い分、より小さく感じる傾向にあります。
  • お客様が市販の規格サイズのフレーム(額)をご用意されていて、隙間無くぴったりフレームに納めようと思われている場合でも隙間が出来てしまいます。

ぴったり規格サイズに印刷をご希望の場合には、画像加工ソフト等を使用して、画像のサイズを印刷サイズに整えたものをご入稿ください。

塗り足しについて

印刷後に裁断をする際に、塗り足しという部分が必要になります。

下記を参考に実際に商品となった時に、見えていなければならない部分よりも大きくデータをお作りください。


特にご希望する商品が「タペストリー」の場合、タペストリーのパーツを取り付ける際に、画像の上下(天地)にパーツ内に巻き込まれて見えなくなる部分がありますので、タペストリーをご希望の場合には、ご希望のパーツ形状に合わせてデータをお作りいただく必要がございます。

■ポスター印刷の場合

上下(天地)左右すべて:3mm大きく

 

■タペストリー印刷で平型パーツをご希望の場合

上(天):5mm大きく 下(地):5mm大きく

左:3mm大きく 右:3mm大きく

 

■タペストリー印刷で丸型パーツをご希望の場合

上(天):23mm大きく 下(地):23mm大きく

左:3mm大きく 右:3mm大きく

例:A1サイズ(594mm×841mm)で丸型パーツを付けてタペストリーを作る場合

 

タペストリーが縦型の場合、画像のサイズを幅600mm×高さ887mmで作ります。

(594mm+3mm+3mm)×(841mm+23mm+23mm)

 

タペストリーが横型の場合、画像のサイズを幅640mm×高さ847mmで作ります。

(594mm+23mm+23mm)×(841mm+3mm+3mm)

 

その他のサイズの場合も同様に、実際のサイズに上記サイズを足してお作りくださいませ。

 

 

以上の項目を必ずご確認の上、ご入稿ください。

印刷料金が知りたい、仕様が知りたい、注文がしたい
印刷データ入稿はこちらから